FC2ブログ

日々。

Home > 2010年12月23日

2010.12.23 Thu 朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに

そういえば先日「東京都青少年育成条例 改正案」可決されてしまいましたね。
うお~~今後どうなってしまうんでしょう。
そしてコ※ケ!(←そこかよ!)

この年末、読み続けていた漫画の単行本が次々に発行されたのですが、
何故だか最終巻が多い!
これは偶然なんでしょうか…

『ちはやふる』11巻
朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに
            吉野の里に ふれる白雪

ちはや11
も~~~本当に待っていました!の最新刊っ

 「相手より早く札を取る」

たったひとつ、ただそれだけの事。
なのにこんなにも熱いものなのか!

この巻も名シーン揃い・名台詞が多すぎて
上手く纏まりそうにありませんので省略(笑)

登場するキャラクターたちの、真っ直ぐな姿が眩しいです。

続きが兎に角もうそりゃ凄い楽しみですよ~~
今すぐにでも発売してくれないでしょうかっ!!
(↑いや作者死ぬし。)

少々気になったのが、ラストの新との会話。
新にとってチームとは、6年生の時の千早と太一以外に
無いのかもしれませんが…
新ってこういう事を言うキャラだったかな、とチト思ってしまったり。

とりあえず次巻は、いよいよ詩暢ちゃん再登場!
そして、個人的に注目していた、クイーン挑戦戦・西日本代表の
逢坂恵夢(←マニアックすぎだ!)が登場なので、嬉しさのあまり小躍りですよ。


『のだめカンタービレ』25巻
のだめ25
アンコール番外編が完結し、遂に本当の最終巻となった『のだめ』。
う~ん、無難な終わり方だったかな、という読後感でした。

個人的には、千秋の振るオケでピアノを弾くのだめが見たかったですね~
あ、でもオペラ本番でのだめがピアノを弾く事になったので、
これはこれで実現した…と言っても良いのでしょうか?

全編好きですが、特に初期の大学編のはっちゃけっぷりが好きなんです。
なので、どうもパリに行って以降は落ち着いてしまった感じが拭えず、
それがちょっと残念でした。

凄いと思ったのが、音の描写の描き方。
画面からメロディーや迫力がヒシヒシ伝わってきて…
描くのは相当大変だったろうなぁ、と思ってしまったり。

何だかんだ言いながら、やっぱり思う事は、
本当にこの作品に会えて良かった、という事です。
二ノ宮先生、お疲れさまでした!


そして、最終巻と言えば。

[More...]

スポンサーサイト