日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '10 シュトレンめぐり Part.Ⅲ > とある佳日の待降節 Part.Ⅱ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.29 Wed とある佳日の待降節 Part.Ⅱ

クリスマスは既に終わっているのですが、
まだここではクリスマスやってますorz

この日、1日で3店のシュトレンをゲットしたのですが、
後日、また別のお店のシュトレンをゲットしてしまいました(汗)

先ずは、以前訪問しました、さいたま市は南浦和駅近くにあります、
<Petit Riche (プティ リッシュ)>。
こちらのシェフは、<ビゴの店>にいらしゃった、という事で、
「たぶん有るだろう」という憶測だけで前確認もせず突撃してしまったのですが…
良かった、シュトレンありました!
プティリッシュ01
ビゴの店>のシュトレンは食べた事がないのですが、
写真で見る限り、やはり、と言いますか、ルックスかなり似ている?
プティリッシュ02
中は、マジパン2本(←「本」という数え方なのか?)入りでした。
生地はとってもシットリ。
プティリッシュ03
バター風味あふれる、カドの無い、やわらか~い優しい味。

シェフに、「冷蔵庫で保管すると、生地がと引き締まる」と
アドバイスを頂いたので、半分は冷蔵保存してみたのですが。

確かに常温保存より、生地が固くなりました。
やはりバターをふんだんに使っているので、バターが固まった結果でしょうか?


そして、もう1店。

HAHAHA~また行ってしまいましたよ、
11月にも訪問したのにも関わらずこのお店に!

ル・クール>の、

【ナッツとフルーツのシュトーレン】
シュトーレン01
シュトーレン02
シュトーレン03
待ってました!の、フルーツタイプ。
登場するかどうか不安だったのですが…ホッとひと安心でした。

栗のシュトーレンが大好きですが、こっちも大好きだ!
シュトーレン04
この、口に含んだ瞬間の、フルーツの芳醇な風味。
生地の美味しさ、食感、砂糖の甘み…全体のバランス。
シュトーレン05
や~こっちも本当に素敵ですな!

前回の1個じゃ足らず、追加してしまいました(汗)
シュトーレン06
一緒に写っているパンはー…自分の地元では全然見かけないのに、
千葉に行ったらスーパーで普通に売っていたので、思わず衝動買い(笑)
(で、映画の方は面白いのでしょうか?)
そして、これは初めてになります。
【パネトーネ】
パネトーネ01
袋を開けた瞬間の、ブワッと襲ってきた香り!
パネトーネ02
パネトーネ03
なんじゃこりゃああ~~
バターのリッチな香りと、フルーツの香り。ホント、凄かったんです。
そして、一口食べてみますと。
表からの香り同様、口の中に広がる見事な風味。
驚いてしまったのが、口溶け。
パネトーネ04
生地自体は結構かためなのですが、口に入れて少しすると
スッと消えて無くなるんです。
とにかく驚きましたよ。

パネトーネ05
結構な大きさなので、4等分でも見た目のボリュームはかなりあるのですが、
あっという間に無くなってしまいます(汗)


はやく来年にならないかな~…(←鬼が笑いすぎて腹膜炎になるぞ)


今年は、特別クリスマスケーキを買わなかったのですが、
これらシュトレンとパネトーネが、素敵なクリスマスにしてくれました。

ル・クール 「栗のシュトーレン」「ナッツとフルーツのシュトーレン」
シュトーレン01
シュトレン01
BOULANGERIE ianak! 「ココアのシュトーレン」
ianak01_20101229220423.jpg
タロー屋 「ゆず酵母のシュトレン」
タロー02
・eclore 「シュトーレン」
エクロール01
・Petit Riche「シュトーレン」
プティリッシュ01

実はまだ、どれも食べきっていないので、楽しみはまだまだ続くんです。
幸せ。


それにしても、お店のクリスマス撤収っぷりは見事と言いますか。
25日の夕方スーパーマーケットに行きましたら、
賞味期限のあるクリスマス商品以外は、売り場はお正月モード…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。