日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 東京パン > eclore@扇大橋 > eclore@扇大橋 第2弾のPart.Ⅰ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.30 Sun eclore@扇大橋 第2弾のPart.Ⅰ

シュトレン狩りの際に訪問し、個人的にすご~く気に入ってしまった
舎人ライナー扇大橋駅近くのパン屋さん<eclore(エクロール)>。
shop_20110122214445.jpg
後日、何やらセールを開催するという情報が。
という訳で、また訪問してしまったのでした(汗)。
(イベント事に弱いとはいえ、程近い再訪は珍しいです、自分。)

しかしながら尾久橋通りの所に、こんな看板があったとは全く気づきませんでした…
shop02_20110122214445.jpg


前回は午後に入ってからの訪問だったのですが、今回はランチ前に到着。
なので、棚の上のパンが充実していましたよ(嬉)。


こちらのシェフ、パン職人の顔を持ちつつ料理自慢でもあるという事で、
具の挟まるサンドイッチ類が非常に楽しみでした。

前回はランチ後だった為に見送ってしまったのですが、
この日は「必ずサンドイッチを買う!」と意気込んでいたのでありました。


【カツサンド】
カツサンド01
色々悩んだのですが「炭水化物ばかりで肉をあまり食べてないな~」という
他愛もない理由で選択(笑)。

最初に目に付いたのが、ロールパン。
普通ですとパンは水分でシワシワになってしまうのですが、
こちらのはパーンッ!と内部からハリがあるんです。シワシワ無縁。
なので、クラム・クラスト共に非常に噛み応え、有。

そして驚いたのが、粗めなパン粉のコロモを纏ったトンカツ。
揚げたて状態ではなかったのに、すっごいザックザクなんですよ!
噛むと本当に「ザクザク」音が響くんです。
カツサンド02
キレがあって、脂の嫌な感じは微塵もありませんでした。
肉の方は脂っこさは無くアッサリめなので、コロモの油脂が合いますね。
ソースの主張も強すぎる事なく程良くて。

トンカツ&コシのあるシッカリしたパンのサンドイッチ。イイ~!
特にコロモのザクザク感、目を見開いてしまいました。


【めんたいフランス】
めんたいフランス01
デカイ、デカイいパンなんです、コレ。
バタール半分を大胆に使っていそうな大きさです。

そして、表面には明太子クリームがタップリ。
塩加減が絶妙で、味はクッキリあるのに少しもしょっぱくないんです。
めんたいフランス03

ひとつだけ残念だったのが、土台のバタール。
めんたいフランス02
良く街のパン屋さんで見かける「日本のフランスパン」で…

個人的に、クラストは焼き色が濃く厚みがあってバリッと乾いており、
クラムは気泡ボコボコ、シットリ水分があってモチッとしていて、
粉の旨みが出ている、クラストとのギャップがあるタイプが好みなんです(汗)

ううっゴメンナサイorz
【チョコクリームサンド】
チョコクリーム01
最初の時に頂いた、あんぱん・クリームパン・チョココロネ・
スイートアーモンドで確信しました。ここは「甘い系も間違い無い」と。

チョコレート系もすっかりお気に入りになってしまったので、
チョコとクリームの組み合わせな、こちらを。

中はチョコクリームかな?と思ったのですが、ホイップクリームでした。
これがまた甘すぎず絶妙。チョココーティングと凄くお似合い!
チョコクリーム02
パンは、↑のカツサンドと違う、ホワホワッとした
口当たりの軽い、ちょっとリッチな生地。

うん、やっぱり甘い系は間違い無い。


【パン・オ・ノア】
くるみ01
豪快な大きさに一瞬怯んでしまいました(笑)。
しかし、シンプルな食事パンを是非食べてみたい身としましては、
「買う」以外の選択は無いので(笑)

持ってみると、ほんのり温かさが手に伝わってきました。
こりゃ、この場で直ぐ食べてあげるのがベストですよね、って事で(笑)
くるみ02

最初に来たのが、大粒な胡桃!
すんごく味が濃くってコクが深くて美味しいんです。

量こそ多いわけではありませんが、一粒の存在感が大きいので
全体にまわる胡桃の風味、バッチリ。

クラストは気持ち程度で、クラムたっぷり。
くるみ03
ひとくち囓ってみますと…おお~モッチリ~(喜)
出来立てサイコー
リュスティックの時に感じた食感と似ています。

こんなクラム&印象深い胡桃のこのパン。

やっぱりパン生地がキッチリ美味しい、という事を実感。


【クロワッサン】
クロワッサン01
とある御方・大絶賛のクロワッサン。
それなら自分も試してみるしかありませんのでっ

普通サイズと小サイズあり、こちらは小サイズの方です。

「小サイズ」と言いながら、これでも十~分に他店の普通サイズ。
ですが、値段100円ポッキリ。

…ありえない…

こんな値段なのにも関わらず、中身の方は非常に手抜かりのない出来。
見よ、この美しい層を!!
クロワッサン03
全体的に固めのシッカリした、シェフらしいクロワッサン。
一寸やそっとでは壊れません。

食べてみるとですね~思った以上のザックリ食感に感動!
ホント、歯を通して生地を割った時、音が鳴ります。
まあどこのお店のクロワッサンも囓ると音が出るのですが、
音の大きさが違うんです。
クロワッサン02
特に表面部分の食感が丈夫でした。
中の層は、ややモッチリさがありますが、歯切れ良く。
層が沢山なので、これまた歯応えがあるんですよ。

冷めてしまっていたのでバターの風味はかすかでしたが、
それでも美味しさが判ります。

いや~某御方が推薦されるのも納得でした。
そして自分も大ハマリ。
何せ、再びお店に戻って追加を買ってしまったのですから。(見事に恥ずかしい…)


クロワッサンも、バゲットなどと並んでかなり好みが分かれるパンではないでしょうか。

こちらのクロワッサンは、しっかり頑丈タイプに入るでしょう。
繊細ハラハラ系が好きな方は、もしかしたらちょっと合わないかも…?



つづく!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。