日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 東京パン > Boulangerie Sudo@松陰神社~つづき

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.26 Sat Boulangerie Sudo@松陰神社~つづき

漸く果たした自分的宿題の三軒茶屋周辺めぐり。

まず最初に行きましたのは、何はともあれ訪問したかったパン屋さん
松陰神社前<Boulangerie Sudo>。つづきです。

オープンと共に、磁石のようにお客さんが入店してきて本当にビックリでした。
そして、殆どの人がトレーに乗せていたのが、この
【クロワッサン】
クロワッサン01
トレー面積いっぱいにクロワッサンを乗せている人もいました(汗)
そんな大人気のクロワッサン。

サイズは普通でしょうか。表面の焼き色や層が良い感じです。
クロワッサン02

中から現れるは、花が開いたような可憐な層。
すぐに食べず、持ち帰りましてトーストしてみました。
クロワッサン03
温かい時では、サクッと軽めの食感。
温かい状態を過ぎて冷えると、特に表面がザクッとバリッと強い食感に。

味は、何と言ってもバターが凄い!
温かくても冷めても響くバター。
しつこくなくフレッシュでキレの良い風味。
後を引くのに後味スッキリ。何だそりゃ。

開店から直ぐには既に品薄になっていたので(凄すぎる…)
どうしても、という方は開店直後が確実みたいです。


【薄皮あんぱん】
あんぱん01
日本の街のパン屋さんのあんパンとは一線を画す、
スタイリッシュでお洒落なルックスのあんぱん。
表面は2種類の胡麻がビッシリです。
この胡麻がまた香ばしく!
あんぱん02

隙間無く餡がパン生地とくっついているのではなく、
中はポッカリと空洞になっていました。
あんぱん03
生地は、とてもリッチな味わいで、口溶けがとても良かったです。
餡もスッ…と口の中で溶け、上品な甘さでした。
餡の甘さと生地のリッチさに加え、トッピングの胡麻の香ばしさが
メリハリになっていて、凄~く似合っていたんです。

生地・餡・胡麻の三位一体ですな。


【世田谷食パン】
食パン01
こちらのお店で入手難易度が一番高いかもしれないのが、食パン。
前日に電話してみたところ、朝一番の分は既に予約終了。
何とか店売り分をゲットしました~(汗)

大好きな耳付きです!
食パン03
非常にキメ細やかで、気持ち良いスベスベの生地。
しかし、繊維同士がしっかり手を繋いでいて、すんなり裂けない頑丈さが。
食パン02
耳も厚くてイイ!トーストすると香ばしくクリスピーに。

気になる味ですが、意外にバターなどの濃さは無く、アッサリめでした。
最初は「そっけない?」と感じたのですが、噛んでいると旨みが徐々に
湧き上がってきまして。
シンプルなのですが、気づくと虜になっていそうな…

毎日食べても飽きない絶妙なバランスだな、という印象です。
【大納言】
大納言01
シェフが以前いらした<ペルティエ>を受け継いだパンでしょう。
ああ赤坂ペルティエ…(涙)
こちらは「S」字ではなく「U」字ですね(「Sudo」の「U」?)

詰まってギュウギュな噛み応えのバゲット生地に、
大納言がたっぷり詰め込まれている、豆好きには嬉しいパン。
大納言02
旨いバゲット生地、ホックリ甘い沢山の大納言。もう堪りませんわっ


【うぐいす】
うぐいす1
うぐいす豆バージョンで御座います。
形は「大納言」と全く一緒ですが、こちらの方がやや細身でしょうか?
うぐいす2
個人的にうぐいす豆は大好物。
なので、こっちも「大納言」と同様…否それ以上に堪りませんわっ


【厚切りノアレザンラスク】
レザン01
「ラスク」とは「二度焼きパン」の意、余ったパンの再利用なのですが。

少し温めて食べてみますと…
表面のバターシュガー、香ばしくて甘くて生地に染みてバカウマ!!
レザン02
キャラメル好きなので、直球ど真ん中ですよこりゃ!

更にニクイのが、ベースのノアレザン。
こっちも想像通りウマい。
レザン03
余りパンのリユースではなく、ひとつのメニューとしてパンを拵えて作られる、こちら。
すでに「ラスク」ではありません。では一体何と呼んだら!?


【ハニートースト】
ハニー01
超人気「世田山食パン」にハチミツとバターを染み込ませた一品。
照りのある表面、糖分が固まったカリカリの端っこ。
中は食パンの食感が残っていました。
ハニー02
そして、生地に染みて噛むとジュワ~と出てくる甘いハチミツバターに、
瞬間悩殺・試合開始後1秒KO。
天使ちゃんマジ天使!(意味不明(笑))


【クロワッサンザマンド】
ザマンド01
一度この姿を見たら忘れられません。
昔、<マリアージュ・ドゥ・ファリーヌ>を取り上げた何処かの写真で見て、
その個性と表現に衝撃を覚えたものです。
そんなザマンドが、自分の目の前に…

四方八方に突き刺さったアーモンドが、まるでハリネズミのよう。
ザマンド02
ザマンド03
クロワッサンに乗った、こんがり焼けたアーモンドクリームの香ばしさに、
噛むと音の鳴るクロワッサン。
ザマンド04

中はアーモンドクリームではなく、カスタードクリームでした。
入れる事の出来る限界までのタップリな量だったのも、嬉しいですね~
ザマンド05
クリームパンに入っている卵の風味が最初に来るポッテリなタイプではなく、
シュークリームに入っているような、なめらかなクレーム・パティシエール。
バニラビーンズ入りのクリームは、甘さの中に何処か大人っぽさを感じました。

こちらのクリームモノは是非とも味わいたかったので、
この素敵なクリームに、そしてクロワッサンやアーモンドクリームにすっかり満足です。
トッピングのアーモンドが刺さって少々食べ難いですが(笑)

個人的に、是非とも上・中ともにアーモンドクリームVer.を食べてみたいのですがっ



いやはや、評判通り本当にセンス溢れる素敵なお店で素敵なパンでした!

しかし、心残りがひとつ。
焼き上がりは午後なのでしょうか?ルヴァンなどのパンには出会えず…

まぁまた機会を伺えば良いのですよ!
…と、また宿題を作ってどうするよ自分(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。