日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > インドカレー > ケララの風@大森

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.27 Fri ケララの風@大森

この日のランチの為に立ち寄りましたのは、JR大森駅。

当初は蒲田駅付近にしようかな、と思っていたのですが、
何でも「今月2011年5月いっぱいで閉店!」という情報を目にし、
「ここへ行く以外に選択肢無し!」と即決したのでした。

南インド料理のお店、<ケララの風>です。
すいません写真はランチタイム終了後の外観です。
ケララshop01
ケララshop02
ケララshop03

開店時間前に着いたのですが、かなりの行列が出来ていて焦りました(汗)
1回目に入れないかも?と心配したものの、予想より席数があったので
ギリギリで席に着く事が出来ました。

こちらのお店でのランチメニューはただひとつ。

【ランチミールス】
ケララミールス01
南インドの定食・「ミールス」。
ベジタリアン仕様なので肉類は一切無し。
すべて穀物や野菜が材料です。

予め、メニューの内容や食べ方などの説明が記された用紙が渡されます。
ケララshopメニュー01
ケララshopメニュー02

ミールスといえば、以前に埼玉・北浦和の<インド料理サティヤム>にて
やはりベジタリアンのミールスを食べたことがありますが、
<サティヤム>はライス・ラッサム・サンバルのみが
おかわりOK(今は大盛り無料に変更になってました)に対し、こちらは何と
すべてオールおかわりOK!(インドでは全部おかわり可が普通だとか?)

食べ方は、とにかく色々と混ぜて混ぜてゴチャゴチャにすること。
…なのですが、最初なので各々少しずつ単独でライスにかけるなどをして
味見をしてみました。
ケララミールス06
総じて、全部かなり味が薄いな、という印象だったのですが。
このように何種類か一緒に掛け、混ぜてみると、あら不思議。
ケララミールス08
単品だと薄味だったのに…うお~ウマいっ!!

合わせるものにより味が変わるのが本当に楽しかったです。


この時並んだメニューは、こちら↓

【ラッサム(Rassam)】
「南インドを代表する胡椒の効いたスープ状のおかず。」
ケララミールス02
【サンバル(Sambhar)】
「南インドを代表する酸味の効いた野菜のスパイス煮込み。
 冬瓜・人参・たまねぎ・オクラ・ナス・トマト」

この2つが、一番スパイシーでした。
パンチ力の味が欲しい時は、これらを。


【アヴィヤル(Aviyal)】
「ミックス野菜のココナッツ・ヨーグルト炒め和え」
ケララミールス04
【かぼちゃのエリセリ(Pumpkim Erisseri)】
「かぼちゃのフライドココナッツ風味」

南インド料理の特徴のひとつに「ココナッツを使う」というのがあるようです。
ヨーグルトも入っているだけの事はあり、独特の甘さの中にも爽快感がありました。

南瓜は、なめらかさを。
芋好きという事もあり(笑)、このエリセリが一番気に入りましたね~


【ビーツのパチャディ(Beetroot Pachadi)】
「ビーツのマスタード風味ヨーグルト和え」
ケララミールス03
【キャベツのトーレン(Cabbage Thoran)】
「キャベツの削りココナッツ炒め和え」

ビーツの、この鮮やかなピンク色は本当にインパクト大!
並んだ中で、味のクセが一番ありました。
単独ですと好き嫌いが分かれそうな味ですが、他のと混ぜるとクセが気にならなくなるのが吃驚。

「キャベツのトーレン」は、唯一の非スープ系おかず。
そのまま食べても良いですが、主にカレーの具みたいな扱いの食べ方にしてみました。
これがまた良くて、相当ハマりました。



【ご飯(Boiled Rice)】
「元々粘り気と甘みの少ないインディカ米を湯取法(茹でて粘りを除くやりかた)
 という調理法で粘り気と甘みを更に取り除いています。」

説明にある通り、本当に見事な程に水分と粘り気が抜けていて
そっけないくらいパラッパラ。
このドライさが、スープおかずと実にベストマッチ。
こういうスープ系にはこういう米ですな~やっぱり。
今まで行ってみたお店では、大多数がジャポニカ米が出て来たりしたのですが、
個人的にはインディカ米が欲しいなぁ、と思ったり(まぁ予算の都合とかあるのでしょう…)
ケララミールス05
【ダール(Daal)】
「優しい味の豆カリー。インド全国区料理。ご飯にかかっています。」

「豆カリー」との事ですが、う~ん…ちょっと存在感が希薄だったかな、という
印象です(汗)
いえ、豆の食感はあるのですが、味的には無色透明だったと言いますか(汗)

【ケララ・パパダム(Kerala pappadum)】
「豆粉で出来たインド・ケララ版せんべい」
パリパリの薄いおせんべい。なかなか塩気が効いていました。
そのまま単体で食べても良いのですが、

このように細かくしてご飯やカレーと混ぜる事により、
全体的に大人しめな味に塩気と油気が加わり、厚みのある味が出たかな、と思ったり。
ケララミールス07


前述しましたが、こちらでは全部おかわりOK。
なので、

やっちまいました!全部まるっとおかわり。
ケララミールス01_1
(実はこの前にもライスとかおかわりしていたり(汗))

混ぜ合わせを色々試して味の変化を楽しんで、そして
お腹もいっぱいになって、ホントに大満足!

食後に、マサラが効いたチャイを。
コクが深くて味が濃くて、こちらも本当に美味しかったです。
ケララチャイ


お客さんの中に手食している人が居て、ちょっとビックリでした。
しかも慣れていらっしゃる様子!
ライスは、汁気を吸ったとはいえパサパサ食感なのに変わりはなく、
スプーンでは掬い難いかな、と思ったので、手食も一理あるかな、と。



残念ながら閉店してしまうのですが、お店の人とお客さんの会話がチョロッと
聞こえてきまして、その発言によると、
6月下旬にランチのみ再開するとか?(その際はシェフが変わる、とも)

これが本当ならば、特にお店のファンの人にとっては嬉しい限りですよね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。