日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 東京パン > eclore@扇大橋 > eclore~いつぞやの続き(2)@扇大橋

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.27 Mon eclore~いつぞやの続き(2)@扇大橋

すいません思ったまま書き進めていたら長くなってしまったので
分割で御座います(汗)

本当に心に響く、エクロールのパンたち。


【甘食】
甘食01
目に入ってから何となく気になって仕方なかった、
日本的パンの代表格(?)・甘食。
甘食02
5個入り袋詰が基本のようでしたが、1個からでもOKという事で
お持ち帰りしてみました。

そして買ってみて正解。

中は、惚れ惚れする程の黄金色。
粉の詰まったボソボソ感は全く無し。
シットリさやヒキの無い、固めのクラムですが、口溶け抜群。
見た目の色の如く、卵とバターの風味が色濃いんですよ~!
少しレンジで温めましたら、更に豊かに。
甘食03
これが「甘食」!?
粉が詰まった、ちょっと喉に引っかかる飲み物必須の「甘食」ですか??
…良い腕してますなぁ~シェフ。

「何かに似ているなぁ」と、思い至ったのが、以前焼き立てを食べて悶絶したブリオッシュ。
あのブリオッシュが少々かたくなったバージョン、といった印象がしました。

冷めた状態が普通なのでしょうが、個人的に是非とも焼き立てを食べてみたい!


【ツイスト】
ツイスト01
こちらも良く見かける定番のパンだとは思うのですが、
「揚げパン きなこ」同様、油っぽさ全く無し。
揚げてあるとは思えない、サラリ感。
ツイスト02
ビックリは油気の無さだけでは終わりませんでした。
パン生地の方も、軽いにも関わらずコシがあって丈夫で、しっかりな噛み応え。
結構この手の軽くてフワフワ生地ですと、すぐ潰れてしまったりするのですが、
こちらのは、ちゃんと「パン」って感じです。(←何だそりゃ)
ツイスト03
表面に塗してある砂糖の甘味も、スッと体に馴染みます。

油で揚げたパンの代表格のひとつと言えば、カレーパン。
そういえば1度もこちらのお店のカレーパンを食べたことがないので、
今度は絶対買いたいと思います。
【デニッシュ食パン】
デニ食02
<エクロール>スペシャリテ。
この時買ったパンみんな、本当に言うまでもなく良かったのですが、
このパンはもう…

キ・キターーーーーーーー!(顔文字省略(笑))

と、声を大にして叫びたくなりましたよ、もうっ

この食パンは、まさに「クロワッサンの食パン型」。
なので、温め直しした方がフルパワー発揮になるかと。
ズッシリと重量感がありました。
デニ食03
ミミはクロワッサン表面の層の如く、サクサク。
デニ食04
そして、凄かったのが何と言ってもクラム!
グルグル巻きの層は、このマーブル状ゆえ、手で千切ろうとしても
いや~伸びる×2!!
デニ食05
油脂たっぷりで艶やかにテカッていまして、
「シットリ」なんでものではなく「ジットリ」と濁点が付いてしまう具合。
なので、バターが染み出ます。見事なリッチさ。

味の方は、バター風味たっぷり。
甘さは殆ど無く、少し塩気が効いていました。
なので、味的に物足りなさを感じたら、ジャムなどが似合うかもしれません。
(カロリー?はて何でしょうそれは(笑…))

巷のお店でもデニッシュ食パンは普通に置いてありますが、
スイマセン個人的に思ってしまいました…「このデニ食は格が違う…!」と。

実は、半分サイズで値段600円と、値段だけ見ると凄い高く感じますが、
この内容は600円どころじゃ済まないです。

考えてもみて下さい。
同じ重量をクロワッサンで換算すると、
果たしてクロワッサン幾つ必要になるのでしょうかっ!?

エクロールのパン、どれも素敵ですが、このデニ食の威力は絶大でした。

あ、でも欠点もあるかな、と思いました。それは、
「バターが半端ないので油っこいものが苦手な人はツライかも」です(汗)



この時伺ってから、かなり間が開いてしまっているので、
「エクロール行きたい~~!」と悶えています(笑)
お店に色々動きがあるようですし、気になるパンもいっぱい出ていますので、
もうホント、近いうちに訪問したいですっ

リピートしたいパンも沢山ですが、新しいパンも気になります。
非常に悩ましい…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。