日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '11 三重めぐり > 街道をゆく(7)@やっぱり語源は

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.17 Sun 街道をゆく(7)@やっぱり語源は

街道をゆく(7)@やっぱり語源は

伊勢街道、餅めぐり@津。

素敵なパン屋さん<パンドール>の次に向かいましたのは、
この地に伝わる餅菓子を求めて、観音寺の門前にあります
玉吉餅店>という和菓子屋さんを訪ねてみました。
shop01_20110717170508.jpg
お店の見た目的には、大変失礼ながら
どこの街にでもある普通の和菓子屋さんという感じなのですが(汗)、
現在の店主さんは、何と9代目!という老舗だったりします。

定番な和菓子が並んでいましたが、やはりこちらで頂きたいのは
「ならでは」のお菓子。


【みたらしやじろ】
やじろ01
注文してから焼いてくれるので、焼き立てアツアツ!

切り餅を除いて、こういう短冊型の餅菓子は個人的に珍しかったです。
餅の方も、餅米だけでなく粳米も混ぜて搗かれているので、
純粋な餅の伸びや歯に付く感じや弾力はあまり無く、歯切れ良かったです。

味の方も、お米を彷彿してしまいました。
やじろ02
生地も良かったですが、個人的に気に入ったのが、掛けられているタレ!

ココだけの話、甘塩っぱくドロッとしてるみたらしタレが
実は少々苦手だったりするのですが(汗)、
こちらのタレはサラッとしていて、甘さも塩っぱさも抑えめで、
「これだ!」と、ツボにはまりました。


そして、津で古くから作られているという、
shop02_20110717170507.jpg
【けいらん】
けいらん01
色を付けた米をトッピングした、津の郷土餅菓子。
買ったのはピンク色のトッピング米ですが、他に黄色もありました。
こういうお餅、個人的に初めて見たのですが、日本各地に結構あるとか?

中は、漉し餡です。
餡を包んでいる餅が、これがまた柔らか~くて、
思わず目を細めてしまいました(幸)
けいらん02
そして、トッピングのお米が、不思議な味のアクセントになっていて、
普通の餅菓子とは一風違う個性になっていて、非常に面白い感覚でした。

で、この「けいらん」という語源ですが、

・白くて卵のようだから「鶏卵(けいらん)」
・トッピングの色つき米が鮮やかだから「桂蘭」

と、諸説あるそうです。真相は如何に!?



しかしながら、「さわ餅」の松阪市は隣なのに、
全く違う形態の餅菓子になってしまうんですね…感慨深いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。