日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 甘味 > 優美な空間で優雅な時間を@ダロワイヨ 銀座

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.01 Mon 優美な空間で優雅な時間を@ダロワイヨ 銀座

…過ごせたかどうかは、まぁ疑問符が付くような気がしますが(笑)

もう、もの凄い大奮発をして、8月末までの平日限定で開催されている、
銀座の<ダロワイヨ>のケーキ食べ放題に行って参りました。
shop01_20110801195526.jpg
shop02_20110801195526.jpg
shop04_20110801195526.jpg

気軽に行けるケーキ食べ放題という事で度々行っている某チェーン店とは
どう違うのか。
楽しみ、というか、興味津々でした。

で、いやもう失礼ながら全っ然違いました(汗)

流石、銀座の一等地に構えるお店。
こういう機会でなければ絶対に足を踏み入れる事の無いであろう、
高級で上品な雰囲気が溢れる、優雅な空間がそこに在りました。
shopケース01
食べ放題のケーキは、このショーケースに入っています。
店員さんにお願いして1皿2個まで取って貰います。
(この写真で並んでいるのはこのようなケーキですが、タイミングによって
種類の入れ替わりがありました)
shopケース02
shopケース03
美しい姿のケーキたちに惚れ惚れです。


ドキドキの1皿目に選んだのは、
全体01

【アンソラン・ノワゼット&アンソラン・フランボワーズ ・メルバ】
1皿目_01
ダロワイヨといえば、マカロン。
そのマカロンを使ったケーキです。この時は3種類並んでいました。

マカロン生地は、サクッとしているというよりは、変な言い方ですが
湿気っているような食感でした。

1皿目_02
アンソラン ノワゼットは、間にチョコクリームと板チョコが挟まれている
チョコづくしの1品。。
ナッツの固い噛み応えとコクが良いアクセントに。

チョコいっぱいですが重たさは無く、サクッと食べられました。

1皿目_03
アンソラン フランボワーズ メルバは、
生クリームとフランボワーズの(?)板チョコ、フランボワーズのジュレが
仕込んでありました。

酸味があるのかな?と想像したのですが、酸っぱさは抑えめで
優しい甘さがあるな~と。
3つの中で、一番味がハッキリしていたな、という印象です。


2皿目の、
【アンソラン・デボワ&デリス・フリュイ】
2皿目_01

2皿目_04
マカロンケーキ(その3)、バニラのマカロンを使ったケーキ。
全体的に豊かで穏やかな風味を感じました。
3つの中で、これが一番お気に入りですね~。

これらマカロンケーキ、間の板チョコのパリッとした食感が
妙に気に入ってしまいました。


2皿目_02
デリス フリュイは、薄いスポンジ生地のロールケーキに
苺がトッピングされたケーキ、と言った所でしょうか。
中の苺ジャムはたっぷりですし、トッピングの2種類の苺もみずみずしく。
2皿目_03
甘さと苺の爽やかさが魅力的な、華やかなケーキでした。


コーヒー(温・冷)&紅茶(温・冷(ストレート・レモン・ミルク))も飲み放題です。
アイスティーは、手抜かり無く抽出してくれるようでして、出てくるまで少々時間が
かかりましたが、すっごく美味しかったです。
アイスティー
因みに、カフェメニューを見たところ、飲み物のお値段…
一番安くて¥840。

なんて恐ろしい場所なんでしょう、銀座…!(滝汗)
3皿目は、
【レシキエ&トレゾール】
3皿目_01

「レシキエ」とは、フランス語「チェス盤」の意味らしいです。
白と茶色の模様が可愛いですよね。
3皿目_02
アンソラン・ノワゼット」と同じく、チョコ尽くしで構成されたケーキ。
が、方向性は違い、チョコの味が丸い甘さでコッテリしていて、少し重たさも。
しかし、クドさは全く感じなかったです。

まったり甘~いチョコ味が好きな方は、ツボかも?


トレゾールは、いわゆる洋梨シブスト。
スッと溶ける軽い口当たりで、気付いたら食べ終わっていました。
3皿目_03
個人的には、もう少し洋梨の風味が欲しかったかな?


いきますよ4皿目!
【フロマージュ・ブラン&モンブラン】
4皿目_01

4皿目_04
フロマージュ・ブランは、レアチーズケーキですね。
チーズ感がシッカリあるけれど、スッキリしていて口溶けも良くて
「やっぱり違うな~」と関心してしまいました。

4皿目_02
色々なブログなどを巡って、とにかく気になっていたのが、このモンブラン!
どう見ても脳みそ独特な形が強烈ですよね。
絞ったマロンペーストの中は、コクのある生クリーム。
土台は固くてサクサクのメレンゲ。
4皿目_03
マロンペーストは、ほんのり洋酒が効いていました。
「マロンの味が弱い」という意見が目に付いたので、「どうなのかな?」と
ちょっと不安だったのですが。
マロンの風味は弱いですが皆無ではなく、ちゃんと感じ取れました。
確かにもっと栗の味が色濃く出てくれた方が良いかな~と思いましたが…

また、このマロンペースト、水分のあるネットリさは無く割とドライで、
フォークなどを入れるとホロホロッと崩れるので、チト食べ難かったです(汗)

でも、思っていたより重たくなく、とても美味しかったので
是非また食べたいものです。


まだまだっ5皿目の、
【オペラ&ジュレ・クロッカント・アグリューム】
5皿目_01

「オペラ」は、実はダロワイヨが発祥だそうです。7層も積まれているとか。
一番上の層のチョコが固く、ナイフを入れてもなかな切れなくて
結構焦りました(汗)
5皿目_03
コーヒーの味もしますが、コーヒーのシロップが滲み出る事は無く。
甘さがあまり無いチョコ味が全面に出ているように感じました。

個人的には、キレのあるビターなチョコレートケーキかな、と。


カップ系のものは無い、と思っていたので、
この「ジュレ・クロッカント・アグリューム」が登場した時は驚きました。
5皿目_02
カスタードクリーム→オレンジジャム(かな?)→オレンジ果肉、
トッピングの生クリームの下には少量のスポンジが潜まれていました。

オレンジが爽快で、カスタードクリームと実に絶妙な絡み具合!
口直しにもなりましたし、何より美味しかった~~!!
今回食べた中で、お気に入り度・上位です。


ちょっと残り時間が気になる6皿目、
【コンケット・アナナス&タンドレス・パッション・ユズ】
夏らしいトロピカルな2品。

コンケット・アナナス(左)は、パイナップルとココナッツ風味溢れます。
どちらかと言うとココナッツの方が味が強かったです。
意外に弾力があり、普通のムース系とは一線を画す生地でした。
6皿目_01
タンドレス・パッション・ユズ(右)は、ネーミング通り柚子を使ったケーキ。
柑橘系の爽快さが、リセットの役割に。

終盤にこの2点を選択して正解だったと思います。


さあ、これがいよいよラスト!7皿目に選びましたのは、
【ミルフィーユ・ヴァニーユ&シャルム】
7皿目_01

ミルフィーユは、パイ生地の見事な固さに苦戦。
ナイフを入れても切れないんですよ(汗)
でも、間のカスタードクリームは柔らかいので、
強引に切ろうとすると崩れてしまいますし…
7皿目_03
でも、味は目を見張るものがありました。
生地はバター風味が効いていてコクがあって、香ばしさが非常に深いんです。
カスタードクリームも、バニラビーンズが沢山入っていて、まろやか。

この生地とカスタードクリームの組み合わせ、素敵でした。


シャルムは、苺のショートケーキですね。
7皿目_02
普遍的なイチゴショートですと、スポンジの間に生クリームが塗られていて
苺のカットが入っている…という感じだと思うのですが。

こちらのは、苺ゼリーや苺ジャム、ムースなどが積み重なっていて、
ひと味違う仕上がりに。

この7皿目にてタイムアップ!



「ケーキのサイズは小さいけれど味は濃厚、口直しも無いので
思ったより個数を食べられない」
という評をチラホラ目にしていたので結構不安だったのですが…

合計14個も頂いていました(笑)
とりあえずサバラン系とタルト系を除く、この時あったケーキ全部を
口にする事が出来ました。
因みに、アイスレモンティーは4杯(笑)
制限時間いっぱいだったので、これくらいの数量が自分の限界でしょう…。


バイキングを楽しんだ後に、お土産として
好きなマカロン2個を貰えてしまいます。
マカロン01
「ヴァニーユ」「フランボワーズ」を選びました。
マカロン02


いやもう本っっ当にどのケーキも美味しくて美味しくて。
(スイマセン失礼ながら、某チェーン店とは質が違いました。
質、というか、土俵が違うと言いますか…って、このお店は某チェーン店の資本100%…(汗))

最初は「イイ値段だなぁ…」と思っていたものの、値段分より遙かに楽しめました!
確かにリピートしたくなりますね~

難点は、並ぶケーキの種類が不明、という事でしょうか。
食べてみたかった「クロッカント・オ・アグリューム」、「ルーブル」、
「タルト・フリュイルージュ」に出会えなかったのは残念(涙)


いやホント、また行きたいなぁ~とウズウズしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。