日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '11 福井めぐり > 越山若水(3)@ふたつの文化

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.26 Fri 越山若水(3)@ふたつの文化

ヨーロッパ軒にて念願の「ソースカツ丼」初体験。
ソースカツ丼に関しては、また別のお店に行くのですが、
時系列的にも先なので、また後ほど。

じゃ、観光も済ませましたし、ではでは張り切ってパン屋さん巡りとしましょうか!

福井鉄道に乗り下車しましたのは、
メガネフレーム生産が、何と国内の約9割のシェアがあるという、鯖江です。

そう…この時は雨がかなり強く降っていたのを、今でも克明に覚えています…(遠い目)

その鯖江にあるパン屋さん、<ロフティ 鯖江店>を訪問です。
本店は武生にありますが、今回は鯖江の方を利用させて貰いました。
shop01_20110825203408.jpg

こちらのお店は、ご兄弟でパンを焼かれており、
お兄さんは日本なパンを、
弟さんはあの<コムシノワ>にいらしたそうで、ハード系パンを焼かれているとな。

なので、お店に入ると、片側は日本のパンが、
shopパン01
一方反対側にはブーランジェなパンが並んでいるという、
ふたつのパン文化が同居している空間になっていました。
shopパン02
shopパン04
shopパン05
shopパン06
shopパン07
shopパン08

ハード系のパンは入店時には殆ど無く、ちょっとションボリ状態だったのですが、
もの凄い幸運な事に、ハード系パンを乗せた配送車がすぐに着いたのでした(嬉泣)!

鯖江店ではパンを焼いておらず配送のパンを置いているだけのようなので、
焼きたてや種類を求めるなら、本店へ行った方が良さそうですね。

さて、運ばれてきたばかりのハード系パン達。
ばんじゅうに入っている状態ですが、その表情の良さと言ったらっ
一瞬にして惚れてしまいましたよ~もうっっ!
shopパン03
素敵な焼き色、その姿…たまらんのぅ…(←変人がココに!)。
【バタール】
バゲット01
「バタール」とプライスカードに書かれていたのですが、バゲットのような気が(汗)
それにしても、本当にシッカリ付いた焼き色。好みですわ~
引き締まったルックスにも惚れ惚れ。
バゲット02
雨ゆえに持ち帰って包みを開けた時は湿気ってしまっていたのですが、
焼き戻すとバリッと復活!
バゲット03
クラムとクラストの差がハッキリ、クラムは気泡が並び粉の味が十分に感じられて、
とっても期待通りでした。

なので、他のパンも見事っっ!!に美味しかったですよ~(力説)


【ノアレザン】
ノアレザン01
ノアレザン02


【パン・オ・ノア(勝手に命名orz)】
ノア01
胡桃がヤバイほど美味しかったです。
生地も胡桃色に染まっていて、実に深い味わいでした。
ノア02


【うぐいす豆のリュスティック】
うぐいす豆01
うぐいす豆02
うぐいす豆03


【ベーコンエピ】
エピ01
エピ02


【プチロフティー】
バター01
小さなバゲット生地に、無塩バターのカットが挟まれています。
お持ち帰りはバターが溶けてしまいそうで無謀かな、と思ったのですが、
買って良かったですわ。
バター02
美味しい生地と柔らかなバターの味のハーモニー。
おいしかったなぁ~

上の写真↑では、棚に並んでいる状態ですが、こちらも配送便のパンの中に入っていました。
日に何便があって、もしかしたら午前はデニッシュ系で午後はハード系、なのでしょうか?


【メープルのクリームパン】
クリームパン01
クリームパンと言いますとグローブ型や丸い形が多いですが、こちらは四角。
中には、ほんのりメープルが広がるクリーム。
クリームパン02
トッピングのアーモンドは香ばしく。
具材の組み合わせが巧みで、キラリと光るものを感じさせてくれます。



ちょっとコメント少な目ですが(←いつもが長すぎなんだよ!)、
本当に本当に素敵ですごく美味しいパンでした。
今でもあのパンたちの様子を、鮮明に思い出す事が出来ます。

カンパーニュなども是非食べてみたかった~(涙)
あと嬉しかったのが、パンの値段がとっても優しかった事!(スイマセン…(汗))


しかし、いいなぁ~福井。こんな魅力的なパンが並ぶお店があって…
心の底から羨望ですよ。


パン好きさんが福井に訪問の際は、個人的にこのお店はお勧めです。
で、この後に行ったパン屋さんもとても良くて…福井、マジ羨ましいっス!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。