日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '11 福井めぐり > 越山若水(4)@顎トレーニング法

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.27 Sat 越山若水(4)@顎トレーニング法

<ロフティー>にて素敵なハード系のパンに出会え、
しっかり雨模様にも関わらず上機嫌の気分で次に向かいましたのは、
創業は昭和二年という老舗の<ヨーロッパン・キムラヤ>です。
shop_20110827135025.jpg
歴史あるお店なので、お店構えもレトロな雰囲気なのかな、という
想像を余所に、とってもオシャレ!

そして店内へ入ると、ズラリとパンが並んだショーケースがお出迎え。
こちらのお店では対面式になっていました。
shopパン01

パンの種類は多国籍。
日本のものやハード系、ベーグルなど、ホントに豊か。
shopパン02
shopパン03
shopパン04

パンの他にも、焼き菓子やジャムも。
shopパン06
shopパン08
shopパン07
HPのキムラヤ史を読んでみますと、代々シェフの経歴などが反映されて、
このような沢山の品揃えになっているのでしょうね。

こちらのお店での目的は2つありまして…
先ず1つめは、
【大福あんぱん】
大福01
二代目シェフが考案したという、あんぱんです。
その逸話はHPで語られていますので、是非。
大福02
大福03
ブリオッシュ生地が包むのは、粒餡とお餅。
まさに和洋折衷。
温めると、中の餅がやわらか~くなります。
大福04



【軍隊堅麺麭】
shopパン09
固パン01
固パン02
陸軍歩兵・鯖江第三十六連隊の兵がキムラヤにて携帯・保存食として
作っていたパンを再現したのが、この堅パン。
固パン03
固パン04
固パン06

小麦粉・砂糖・塩・ゴマだけというシンプルな材料なのですが、
もう兎に角、もの凄く滅茶苦茶かたいっっっ!!
固パン05
三重の時に「かた焼き」という堅い煎餅がありましたが、あれより堅い!!
固パン07
普通に歯で噛み切ろうとしましたが、なかなか歯が通らないんですわ(汗)
「少しずつ割って」という説明書きは伊達じゃないっス。
歯が弱い人は要注意です。
固パン08
が、堅い食べ物を食べるのが好きな方は、非常に堪らないでしょう。
堅さが顎に響いて、自分は大満足でした(笑)

味の方は、本当に素朴。こういう素朴な味、個人的ツボなんです。
なので食べ始めると、「♪止まらない止まらない」


このような堅い食べ物ですと、咀嚼回数などが増える、
そして長い時間食べていられる、水分が少ないから保存に適しているetc...
そんな理由で戦地での食料として、こんな堅さになったのかもしれない。


この堅パンの背景にあるものを考えてみると、何だかしんみりしてしまいます。
そして、このような時期を乗り越え現在に至る、キムラヤ。
パンを通して歴史の切れ端を覗いたような…そんな感覚を覚えてしまいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。