日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 東京パン > eclore@扇大橋 > まっちゃ100%@エクロール

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.10 Sat まっちゃ100%@エクロール

いつもお世話になっている某所にて、その報を知り、たまらず絶叫。
もう涙目でしたが、吉報を頂けまして(深謝)、狂喜乱舞。

もう行くしかない!という事で。
次の日の夜、そのお店、エクロール@扇大橋へ一心不乱に向かったのでした。
shop01_20111210203339.jpg

店内に入りますと、おお~キタコレ!
これです、これですっ
特性ゆえ2日間置くのが限界だという、抹茶モノ!
shop02_20111210203339.jpg

そして、目的のもの以外にも予想外の嬉しいハプニングが…


まずは「目的その1」、抹茶もの。
抹茶01

【栗抹茶】
抹茶チョコ01
チョコレートコーティングされた、丸い物体。
中を覗いてみますと、
色鮮やかな抹茶生地と、まるまる1個込められた大粒の栗甘納豆。
抹茶チョコ02

チョコレートは、先日いただいたチョコマロンパイと同じベルギー産。
こちらエクロールのチョコは、全てこのベルギー産使用だという…

おそるおそる食べてみますと、見事な抹茶の風味が口から脳に突き抜けます。
とてもとてもピュアな抹茶の味。

点てられた抹茶に苦みが残るように、こちらも苦みの余韻が残ります。
そんな点てられた抹茶のような生地の中に、甘い栗甘納豆。
まわりには薫り高いチョコレート。

…至福の味、です。
抹茶チョコ03
生地は、やわらかそうに見えますが、サクッと歯切れる生地なんです。
後述する同じシリーズ(?)のネーミングから、「成る程」と唸ってしまいました。
【和のシュトーレン】
抹茶小豆01
「そうか、この生地の食感はシュトーレンだ!」と納得。
綺麗な緑色の生地は、「栗抹茶」と同じく苦みが残る、まさに「抹茶」。
抹茶小豆02
栗甘納豆の甘さも良いですが、小豆の甘さも映えますね~
まわりのシャリシャリと擦れる砂糖コーティング、これがまた生地と良く合う!

これ、ぜひ来年は1台まるまる「和のシュトーレン」として
売り出して欲しいです、本気で。


【抹茶ショコラ】
抹茶マロン01
「和のシュトーレン」の仲間ですね。
こちらは例のベルギー産チョコをコーティングし、中には栗が入っています。

こちらは、ちょっと栗が抹茶生地に押され気味に感じてしまいました(汗)
抹茶マロン02
スイマセン贅沢な独り言ですが、もう少し栗が入っていてくれると
生地とバランスが取れていたかな、と?と思いましたり…



パン屋さんで使用する抹茶は製パン用を使うのが大抵らしいのですが、
この抹茶シリーズ(?)、大真面目に抹茶100%使用だそうです。
そして「栗抹茶」の栗甘納豆も、通常の卸しルートとは違う、
シェフが非常に気に入った一品を惜しみなく使用したそう。

…なんとも贅沢。
しかも、この製造限りの限定品。

本当に、出会えて良かったです。


そして抹茶モノの他に、予想外のサプライズ!

【バターロール】
shop03_20111210203338.jpg
焼き立てキタコレ!

こちらは、問い合わせした際に「今日は作っている」との返答に
間を開けず予約の旨を即答してしまいました(恥)。
すっごく食べたかったんですよ~エクロールのバターロール。
バターロール01
たまらず、外で1個さっそく試食してしまいました。

袋から出した瞬間、バターの香りが放出です。
カルピスバターをふんだんに使用した特製バターロール。
バターロール02
ちょっと写真の色が悪いですが(涙)、きれいなクリーム色なんです。
ふんわり軽いのですが、もっちり柔らかですがコシのある食感が見事。

味の方は、バターの風味をしっかり感じつつ、とても透明感があるんです。

…ええ、あまりにも美味しくて、1個だけじゃ止まらなかったというオチが…



【バターロール食パン(勝手に命名(汗))
shop04_20111210204142.jpg
焼き立てキタコレ!

予想外の嬉しいサプライズ、このパンでした。
バターロールの生地を食パン型にしてしまった、バターロール食パン。
まさかこんなパンが出てくるなんて~(叫)

パン上部分の開きに個体差がありますが、開きが大きい方がバターの染み込みが
より良いとか。
バター食パン02
なので、目下一番開いているパンをお持ち帰りしました。
バター食パン01

大きさは、普通の食パン1斤より大きめですが、見た目より遙かに軽かったです。
この食パン1個=バターロール8個分だそう。

バターロール同様、バターのリッチさを感じつつ、とても爽やかな後味。
食感もバターロールと同じく、ふんわり柔らか軽やかながらモッチリ・コシ有り。
バター食パン03
違いがあれとすれば、食べ応えでしょうか。
バターロールの丸型に対し、こちらは平らなので、
何と言いましょうか…気分が違う、と表現したら良いのでしょうか。


絶品・抹茶モノ、念願のバターロール、そして想像外のバターロール食パン。
いやもう、大満足なんてレベルを超えています。
行って本当に良かったです(感涙)。

こんな美味しいものを披露してしまうシェフ、タダ者じゃありません。


そして、お店が遅くまで開いているので非常~に助かりました!
(理由を聞いて、ここの地域性や事情をしみじみ感じました…)


こういう突発的サプライズが本当に多いお店なので、
本当に心底「近所の人、うらやましい~~!」と叫びたい気分です。

今から怖いのは、クリスマスの日。
絶対シェフは何か企んでいるに決まっています。

間 違 い な い (←笑)


教えて下さったVさま。
本当に、本っ当に有難うございました(土下座)。
おかげで素敵な1日の締めになりました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。