日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '11 鉄道の日めぐり > '11 鉄道の日記念~1回目@有のパン

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.27 Fri '11 鉄道の日記念~1回目@有のパン

さて、どこまで乗っても料金一律の「鉄道の日きっぷ」。
せっかくなので、もう少し足をのばしてみましょう!

宇都宮から更に北上し、降りました駅は、西那須野駅。
駅
目的はこちら、<有のパン>というパン屋さんです。
shop01_20120427071552.jpg
shop03_20120427071550.jpg
こちらのシェフは何と、オーガニックドライフルーツ「ノヴァ」の創業者の
ピエール・ブッシュ氏のご子息。

ピエール・ブッシュ氏といえば、日本の自家製酵母パン店を創業し、
あの<ルヴァン>甲田氏が修行された、という人物。
すごいなぁ!!

なので、それを受け継いだ、オーガニックのパンが並んでいるお店なのです。

が…、訪問したのは、それこそ夕方という時間だったので、
売り場は見事なほど綺麗な状態でした(涙)
shop02_20120427071551.jpg

でも、ちゃんと事前予約していたので、パンはしっかり確保!


【シナモンロール】
シナモンロール01
買ってすぐ、堪らず半分頂いてしまいました。
かなり大きく、生地のボリュームがとてもありました。

やはり常温状態だからか、シナモンはそんなに感じなかったのですが(汗)
後に温めてみると、シナモンの香りと味が凄いっ
シナモンロール02
やはり熱を加えた方がフルパワーを発揮しますね~

シナモン以外にも、上にトッピングされた砂糖のコーティングも
甘さが増しましたよ。

そして、端っこの方がカリッと少し固くなっていまして、
色々と凝縮されていて、美味しかったです。
【ペイザン】
カンパ01
ルヴァン種で作ったパンだそうです。
カンパ02
見た目は、とにかくガッシリ力強い。
そんな見た目通り、クラストはシッカリ厚みがありました。
クラムにモッチリさやヒキはそんなに無く、ちょっとゴワゴワとした感じでしょうか。
カンパ03
少し酸味のある、とっても粉の深い味が堪能できるパン。
サンドイッチやおかずにとっても合いそうです。


【くるみパン】
くるみ01
ペイザン生地を使い、見事にクルミがたっぷり練り込まれていました。
このクルミ、味が濃くて凄い美味しかった!
そして、しっかりした堅さがあったので、顎が踊り続けます。
くるみ02
クルミ効果の不思議。
そのまま食べると少し酸味があるペイザン生地なのに、
クルミのコクのある味わいが入る事により酸味が殆ど感じられなくなり、
何だか別の生地のように。


【クロワッサン】
クロワッサン01
とっても細長い形が面白いクロワッサンですよね。
層は少なく、生地に厚みがありました。
クロワッサン02
焼き戻すと、バターの香りが見事!
表面はザックリと、歯の通る噛み応え。
そして内部は、熱を加えると透き通り、少し弾力を感じさせる食感。
クロワッサン03
表から感じたバターの風味が、食べた瞬間口の中にも広がります。

このプレーン以外にもソーセージやチョコ、餡の入ったタイプがあるそうです。


【レンコンとチーズ】
クロックムッシュ01
フランスパン生地でレンコンとホワイトソースを挟み、上にチーズを乗せたパン。

生地はモチモチ。
そして、レンコンの固いシャクシャクが残されていまして、
弾力のある生地とのギャップが面白かったです。

ホワイトソースならびにトッピングのチーズの味の塩梅が良くて、
全体になかなか量があったにも関わらず、最後まで飽きずに美味しく頂けました。
クロックムッシュ02
このパンも、温かい方がフルパワー発揮、ですね。


とにかく、シッカリ腰のある骨太なパンだな、と思いました。
そして、自然の力強さを感じさせる味わい。

素直に「良いな~」という感想が浮かんでくる、そんなパン達でした。

くっ…今度は、もっとパンが充実している時間に伺って、
あれもこれもと選びたいものです。



さて、鉄道の日きっぷ1回目、これにて終了です。

2回目は、やっぱり行きたいあのお店と、
甘いものをひたすら堪能してきました。

という訳で、2回目へつづく!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。