日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '10 青春18きっぷ~山梨 > 夏、青春の旅路~山梨@パンテーブル

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.08 Sun 夏、青春の旅路~山梨@パンテーブル

<小作>のほうとう&<ヴァルト>のドイツパンを巡った甲府を出発し、
次の目的地を目指します。

涼しい車内が心地よく、寝入らないよう頑張って起きているようにし、
そして、到着しました駅は「勝沼ぶどう郷」。
駅
ここで訪問するお店が、今回の山梨めぐりラストになります。

駅の改札を抜け、坂を下っていくと…お~!辺り一面が葡萄畑が!!
ホントに道の両脇が葡萄畑で、それがずっと続いているんです。
ぶどう02
ぶどう01
葡萄畑がしばらく続き、途中から桃狩りの畑も加わりまして。
駅から目的のお店まで少々離れているのですが、この景色のおかげで
距離を感じさせずに到着することが出来ました。

この山梨めぐり、最後のお店はこちら、
<パンテーブル>です。
shop01_20100805070851.jpg
お洒落で、ほんわりした雰囲気のかわいいお店!
shop02_20100805070851.jpg
shop03_20100805070850.jpg

店内も、木を基調としたナチュラルでやわらかい空気に溢れていまして。
まるで雑貨屋さんに入ってしまったかのよう。
shopパン01
小さな店内は、大人3人くらいが入れば一杯、という感じでした。

もう夕方に差し掛かる時間だったので、品薄を覚悟していたのですが、
思った以上に残っていたので、ちょっと一安心。
(スイマセンお店的には良くないでしょう(汗))
shopパン02
shopパン03
shopパン04
shopパン05
基本的にリーン系・リーン系の中に具を入れているパンが殆どでした。
全体的に、女性的な、穏やかな焼き上がり具合の
パンが多いかな?という印象です。

そうそう、こちらのパンは、レーズンからの自家製酵母と白神こだま酵母を使用している、
との事です。

もしかしたら、もっと早い時間ならあるのかもしれませんが、
サンドイッチ類は見かけませんでした。



あれもこれも良さそうで、ぐるぐる迷ってしまったのですが…
【こっぺ】
コッペ01コッペパンというかバタールというか、そんな形をしたフランスパン。

気泡がボコボコで、生地からは良い香りがしてテンション上がりますね~
クラストは薄めですが、パリッと乾いた音が鳴ります!
コッペ02
そしてクラムは、すごく…とまでは行きませんが(汗)、シットリしていてヒキがあり、
スッと消えてゆく口溶け、そして、しっかり味がします。
うん、良いですね~!
コッペ03
…ええ、良いのですが。
どうも味がとても甘いんです。粉の甘みではない甘さ。

う~ん…この甘さ、何でしょう?
砂糖の甘さ??


【くるみぱん】
くるみ01
結構な大きさで、手に持つと、重さが伝わってきます。

中は胡桃の色に染まっていまして。その胡桃の入り具合もなかなか!
くるみ02
クラストの厚さ具合は、上記「こっぺ」よりも薄く、鳴る音も小さめ。
持った時の重さの印象とは裏腹に、口当たりの軽さにもビックリでした。

そして、やはり口溶けがとても良いです。
練り込まれた胡桃も、コクがしっかり出ていて美味しいです。

で、やはり粉の味とは別の甘さが…やはり砂糖?
(専ら食べるばかりで、作る方はサッパリなので…やはり作る方も
勉強しないといけませんね(汗))


【グリエールチーズ】
チーズ01
ハミ出るチーズの様子が堪りませんな~
チーズ02
その名の通り、チーズがとっても美味しい!
クリーミーで、コクがありまして…
チーズ03
パン生地の方は、上の2つと比べると甘みは無く、リーンでスッキリとした味わい。
ボリュームもあるな、と感じました。
美味しいチーズ、もう少し多く入ってくれれば、もっと嬉しかったです(汗)


【ショコラスティック】
ショコラ01
ビターチョコレートの他にホワイトチョコレートも混ぜられているので、
とても優しいチョコレート味に。
ショコラ02
トースターで温め直して頂いたのですが、チョコがやわらか~くトロ~リとなって、
そして甘~くて、疲れがス~ッと消えていきましたホントに。

クラムの具合は、「こっぺ」「くるみぱん」と比べると乾かず、
ギュッとヒキがありました。


【Ajiwai】
nagomi01.jpg
レーズンやらイチジクやら胡桃やらピスタチオやら、こちらのお店で使われている
フルーツなどが込められた、ゴージャスなパン。
nagomi02.jpg

やはり口溶けの良い生地ですね~
一番主張があったのがレーズンで、とってもジューシー!
nagomi03.jpg
このレーズンをベースに、胡桃やその他色々な具の味が調和している、という感じでした。
nagomi04.jpg
ネーミング通り、様々な味が合わさった、味わいのあるパン。



こちらのパンは、やさしいながらも芯はシッカリ、という好印象なパンばかりでした。
そして、口溶けの良さが特徴でしょうか。
(しかし、「こっぺ」「くるみぱん」の甘さはホントに一体…)

こちらのお店の周辺も、葡萄や桃狩りの畑がいっぱいですし、ワイナリーも
あちらこちらにあったので、これらと一緒に訪問、というのも凄く楽しそうですよね。




さて、
こちら<パンテーブル>にて、青春18きっぷ第一弾・山梨めぐり終了!

個人的にはもう少し色々お店に行きたかったのですが、
電車の都合と暑さの前に負けましたorz

そういえば、またもや今回も全く観光せず(汗)
せめて甲府城くらいは…

パン屋さん巡りでの山梨訪問、かなり駆け足だったのですが、
想像以上に良いパンのパン屋さんだったので、訪問して良かったな~と
心底思っています!


さて、18きっぷは5回分あり、残りは4回。
山梨の次に行きましたのは…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。