日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '11 京都めぐり > X'mas京都~漆@CINQ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03.02 Sat X'mas京都~漆@CINQ

さて、京都市内にて3店ほど甘味処巡りしました後は、
阪急電鉄に乗り、この駅に到着です。
station_20130227065348.jpg
もう駅名だけで何処のお店へ行ったかバレバレですね(笑)

駅から件のお店へ行く途中、学校があったのですが、
えええ~~ヤギがいるじゃないですかっ!!思わず1枚。
途中

そんな途中道を楽しみながら、さあ着きましたよ、このお店!
そりゃもう、ずっと行ってみたかった<CINQ(サンク)>です。
shop01_20130227065701.jpg
思っているよりずっと小規模なお店でして、恐らく大人2、3人で
満員になってしまうであろう位でした。

ガラスケースには、見るからに美味しそうなパンが。
あのお店にいた方なので、そりゃもう期待してしまいますよ。
shop002.jpg
shop05_20130227065518.jpg

shop02_20130227065702.jpg
shop07_20130227065519.jpg


サンドイッチも美味しそうなのですが…さんざん甘味を食べた後なので、
さすがに厳しい(汗)
甘味はまだまだ予定ありますし(←え)
shop06_20130227065518.jpg


く~っバゲット美味しそう!
荷物になるので、遠征先ですと大きいパンは買い控えてしまうのがツライ…
shop03_20130227065703.jpg

ケークやラスクもありました。
shop04_20130227065702.jpg

ホント、どのパンも素敵で、目移りしてしまい困ってしまいました。
何とか頑張って選びましたよ!
【プティ】
01プティ
クラストはなかなかの厚みがあり、クラムもギュギュッと噛み応えあり。
小麦の風味の主張がしっかりあって、小麦のおいしさが伝わってきました。
01プティ02


【パン・オ・ノア】
03ノア01
ヴィエノワ生地の中に、ナッツの粒が沢山。
生地はほんのり甘く、ほんわりと軽くてサクツと裂けます。
03ノア01
ナッツの主張が強すぎず、生地とうまく馴染んでいて
一体感が見事。

あのお店のもそうなのですが、ヴィエノワ生地ではなくて、
バゲット生地で作ってほしいなぁ~なんて独り言。


【トルサド】
冬季限定のパンでした。
03生姜01
サックリと歯切れ良い生地の中には生姜。
この生姜、甘く煮られている生姜でした。
03生姜02
なので、丸い味で、口当たりがとても柔らかかったです。


【フリュイセック】
02フリュイ01
写真のとおり、た~っぷりのフルーツが。
02フリュイ02
こういうパンですと、食べた時の印象がフルーツ>パンとなる事が多いですが、
このフルーツの量なのに、ちゃんとパンとして認識出来るバランス感覚。


【ベーコン】
08ベーコン01
「肉厚ベーコン」というPOP説明に惹かれまして(笑)
そして、その説明通り、肉厚でした。
08ベーコン02
熱々に焼き戻すと…ウマい。
そして、アブラやらが染みたパン生地がこれまた格別ウマかったです。

アーモンドクリームが香ばしいっ
特に、端っこの部分が堅くて、香ばしいクッキーのよう。
それに加え、マカデミアナッツのコクが味わいを深めてくれます。
やわらかくも、顎に伝わる歯ごたえのある食感も楽しかったです。


【ノワノワゼット】
05ノワノワゼット01
どこかで見たことあるようなパン(笑)以前は西馬込にあって移転したお店とか…
どこかで見たことあるタイプと同じく、トッピングのナッツが取れて
こぼれてしまうので焦ります(汗)
05ノワノワゼット02
アーモンドクリームが香ばしいっ
特に、端っこの部分が堅くて、香ばしいクッキーのよう。
それに加え、マカデミアナッツのコクが味わいを深めてくれます。
やわらかくも、顎に伝わる歯ごたえのある食感も楽しかったです。


【ブリオッシュ・ノエル】
06ブリオッシュ01
クリスマス限定のブリオッシュ。

焼き戻すと…クッキーのような香りが広がります。
生地はふんわり柔らかくて軽く、歯切れ良く。
06ブリオッシュ02
そして、放たれる香りのとおり、生地もリッチで香ばしく。
香ばしさが口に広がりました。

トッピングの砂糖はシャリシャリ。
生地とは違う食感が一緒に感じられて、楽しかったです。


【ザマンド・カシス】
07ザマンドカシス01
クロワッサンにショコラのクレームダマンドを覆い、カシスのコンフィチュールを
間に挟んだクロワッサン・オ・ザマンド。
「甘そう…」という第一印象だったのですが。
ところがどっこい、酸っぱい!
カシスのコンフィチュールが、とても酸っぱいんです。目が醒めました(笑)
07ザマンドカシス02
ショコラのクレームダマンドも、甘さは無くビターな味わいだったので、
全体的に甘さは抑えめで、特にカシスの酸っぱさが印象強い一品でした。




ホント、ずっとずっと行きたいと思っていたお店でしたので、
訪問できて本当に嬉しかったです。
京都市から足をのばした甲斐、とてもありました。

そして、今度大阪へ行った際は、またあのお店へ行きたいですね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。