日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > '13 青森・弘前めぐり > イートファン!@冬景色2番の地へ~青森1日目

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.06 Sun イートファン!@冬景色2番の地へ~青森1日目

はるばる来たぜ~本州最北の地、青森へ!
駅01
ええと、今回の一番の目的は、珍しくパンじゃなかったりします。
なぜ青森に来たかといいますと、「行ったことがなかったから」(笑)
本当に人生発の青森訪問になります。

いえ、電車で北海道へ行った時に通過した、というレベルの話ならあるのですが(汗)
なので、以前から一度は行ってみたいと思っていたんです。

天気は見事な快晴で何よりでした。これが1週前でしたら大変な事に

それにしても、萌えパワーはこの地にも及んでいたか、と、このポスターを見て
しみじみ思ってしまったのでした…
駅02


朝に到着しまして、何はともあれ朝ごはんを調達しましょう!
青森駅で食事といいますと「のっけ丼」などが有名ですが、自分が行ってしまうのは
やはりパン屋さんだったりします(笑)

向かいましたのは、駅から少し離れた場所にあるお店、
イートファン!(eat fun!)>です。
shop01_20131006133920af9.jpg
店内はとても広々としていました。
開店時間からそんなに経っていなかったので、パンが棚に満タン状態で並んでいる、というわけでは
ありませんでしたが、なかなかの埋まり具合。
shop02_20131006133919ca1.jpg
shop03_20131006133919b07.jpg
shop04_20131006133918faa.jpg
shop05_201310061340496b6.jpg
shop06_201310061340483fc.jpg
shop07_20131006134047995.jpg
パンの種類は、調理パンや菓子パンが多めでしたが、ハード系のパンもちらほら。
shop08_20131006134047f4d.jpg
shop09_20131006134046d3c.jpg
shop12_20131006134114fca.jpg

サンドイッチも色々並んでいますね~
shop11_20131006134115492.jpg

そして、ハロウィンが近いせいか、ハロウィンもののパンも多数でした。
shop13_201310061341143ea.jpg

気になったのが、大量の甘食。このワゴンがあちらこちらに…
ここまで量はお見事です。
shop10_2013100613404613e.jpg

そうそう、パン屋さんの隣は、まだ開いていませんでしたが、ケーキ屋さんになっていましたよ。


さて、朝ごはんに選びましたパンは。
pan01.jpg
イートインの席が少しではありますが用意されていましたので、利用させて貰いました。
大変助かりますっ

【ミッシュのローストビーフ・わさビーサンド】
pan02.jpg
ローストビーフはシッカリ厚みがあり、存在感アリ。
合わせのソースは、ネーミングの通り山葵ソースがピリッと効いていて、ローストビーフに
とても似合っていました。
野菜もシャキシャキ。

何より、ミッシュブロートの穀物の味わいが濃くて深くて美味しい!
ローストビーフ山葵ソースに負けていません。
やわかくて歯切れ良くて、とても食べ易かったです。


【おばけ猫】
pan03_01.jpg
このキュートな顔に一目惚れでした(笑)
しかし…ぬこ真っ二つ!!
pan03_02.jpg
ふんわりなパン生地、やはり良かったですね~カボチャを練り込んだ生地ということですが、
スイマセンあまりカボチャ成分わかりませんでした(汗)

中のカスタードクリームがとっても美味しい!(POPには「チョコクリームと書いてあったのですが(汗))
もっとサイズ大きめなクリームパンが見当たらなかったのが非常に残念でした。


【アップルデニッシュ】
pan04_01.jpg
やはり青森に来たからには、名物のリンゴものでしょう~

デニッシュ生地は残念ながらパンぽかった(汗)のですが、やはり味はとても良かったです。
リンゴがシャキシャキと歯ごたえ良く、気持ち良かったです。
pan04_02.jpg
流石りんご産地、青森ですな。



青森最初のお店<イートファン>、とても素敵で、美味しいお店でとても嬉しかったです。
幸先の良いスタートが切れました。

ゆっくりしたい所ですが、予定の時間に遅れると完全アウトなので、
サクサクと次の目的地へ向かいましょう~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。