日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 甘味 > 年越しシュトレン

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.31 Tue 年越しシュトレン

【シュトレン】
クリスマスを待つアドベントの間、少しずつスライスして食べる習慣がある(ウィキペディア)

2013年に購入したシュトレンは合計4つなのですが、そのうち3つは
クリスマス後に封を開けるという本末転倒な食べ方をしています(汗)
しかも年を越してますよ!「年越しそば」ならぬ「年越しシュトレン」ですね(笑)

まず1個目は、さいたま市は浦和にあるパティスリー<アカシエ>の
shop_2013123122331633e.jpg
【シュトーレン】
01_2013123122331602f.jpg
02_20131231223315081.jpg
03_20131231223628c82.jpg
表面は砂糖たっぷり。買ってから日が経っていたのですが、
溶けずそのままの状態でした。
04_20131231223627062.jpg
生地はサックリと歯切れ良くて香ばしく、甘さもシッカリあり、そして洋酒がほんのり効いていました。

パティスリーのシュトレンだからか、4つの中では一番お菓子っぽいシュトレンのように感じました。


そして2個目は、毎年とても楽しみにしている<タロー屋>の
【ゆず酵母のシュトレン】
01_201312312240535fa.jpg
02_20131231224052d2c.jpg
シュトレンから香る柚の香りが本当に素敵です!
なので、囓ると口の中にも柚の香りがいっぱい広がるんですよ。
03_201312312240511a3.jpg
生地に存在感があり、食べこたえあります。

ホント、タロー屋さんのシュトレンなんだな~と、しみじみ。
3つ目は、先日めぐった京都<たま木亭>
【黒豆シュトーレン】
01_2013123123100538a.jpg
このシュトレンは確か通年売っており、いつでも買えるのですが、
フルーツのシュトレンとは違うタイプのシュトレンにしようと思い購入決定しました。
(フルーツタイプのものはクリスマスシーズンのみ…のハズです)
02_20131231231005c5f.jpg
サイズはちょっと小さめ。中は、黒豆がたっぷり詰め込まれていました。
03_20131231231004ad4.jpg
生地はネットリ。黒豆の風味もたっぷり。和風ですよね~

味もとっても美味しくて、「流石、たま木亭」と唸ってしまいます。
個人的に凄く好みのシュトレンです。

ちなみに賞味期限は7日。期限内に食べ終わるか心配だったのですが、
全くの杞憂でした(笑)。


ラスト4つ目、ちょっとまだ記事を起こしていないのですが(汗)、
京都の北大路にあるパン屋さん<雨の日も風の日も>の
【情熱シュトーレン】
01_20131231231031156.jpg
ネーミングに一目惚れして即決でした!

梱包が素敵です。
02_201312312310306e0.jpg
中は、中心部にレーズンなどのフルーツがたっぷり。
04_20131231231029b39.jpg
なので、今年買った4つの中で、一番フルーツが味わえるジューシーなシュトレンでした。


いや~どのシュトレンも見事に個性的で、すごく面白くて、すごく美味しかったです。
クリスマスシーズンのお楽しみであるシュトレン、ハマっちゃいますよね~




2013年もあと僅かで終了です。
1年という月日は、長そうでいて始まってみれば、あっという間だったなぁと思います。

もっとちゃんとした今年の総括を書きたかったのですが、整理する時間が少々足りない様子なので
また改めてまとめたいなぁ、と今年最後の抱負を書いてみます(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。