日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '10 青春18きっぷ~高崎前橋 > 夏、青春の旅路~高崎前橋@雪くま

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.02 Tue 夏、青春の旅路~高崎前橋@雪くま

青春18きっぷ、高崎前橋パン屋さん巡り。

前橋<政次郎のパン>にて終了となりましたが、
帰り途中で、ぜひ1度食べてみたいものがあったので
ちょっと寄り道をしてみた次第です。

すいません、この記事を起こしている今現在の季節からすると
非常に寒い絵なのですが…orz

着きましたのは、以前も訪問したことのある地、熊谷。
熊谷駅
こちらには<Boulangerie Matsuoka>があったりしますが、
時間が時間だった事と、高崎前橋パンが沢山だった為に
見送りに…(またいつか!)

さて、熊谷と言えば思い浮かぶのが、このフレーズ。

あついぞ!熊谷

2007年8月16日、日本国内の最高気温となる40.9℃を観測。
(しかし、岐阜県多治見市も同日同気温を観測したとか…)

暑さを逆手にとった町おこし事業の一つ、「雪くま」。
(アイスの「白くま」と「熊」谷の合体?)
これを是非とも食べてみたかったんです。

あまり遠くへ行く体力が残っていなかったので、
向かいましたのは、駅に併設されている(?)ビルに入っている
<萬里茶房>というカフェです。
万里01
こちらでは2種類の雪くまがありまして。
万里02
頼みましたのは、こちら~
【雪くま ロイヤルミルクティ】
万里雪くま01
おお~初・雪くまが、いま目の前に!

トッピングはバニラアイスとチーズケーキ。
万里雪くま03
こんもり盛られた、ちょっと茶色のかき氷。
早速食べてみますと…おおお~氷が凄い繊細でフワッフワッ!
万里雪くま02
かき氷経験値→ほぼ皆無の自分にとって、かなりカルチャーショック。
そして、氷の味が本当にミルクティーなんです。
正に、冷たくて非常に後味の良いミルクティーを食べている感覚でした。

トッピングのアイスとチーズケーキが、更に「かき氷」のイメージを
覆してくれて…美味しかったっっ

いや~食べてみて良かったです!

こちらのお店、何やら秋限定「くりくま」があるとか?
いいなぁ~

<萬里茶房>の【ロイヤルミルクティ】に至極満足したにも関わらず、
別のお店の雪くまも味わってみたくなり、もう1軒行ってしまいました(笑)

事前リサーチをあまりしていなかったので、少し彷徨ってしまったのですが、
すぐ駅の隣にあるビルにて「雪くま」の文字を発見!

そのお店は、コーヒーを売りにしている喫茶店<珈水亭>。
珈水亭01
こちらには4つの雪くまメニューがありました。
珈水亭02
珈水亭メニュー
悩んだのですが…決めたのは、面白そうだった

<かくれたプリンの熊くま>
珈水亭雪くま01
苺ミルクのかき氷に、
珈水亭雪くま03
スイカ・パイナップル・メロンのトッピング。
珈水亭雪くま02

そして、ネーミングでバレバレなのですが(笑)、
氷の中にプリンが隠れていました。
珈水亭雪くま04
各店、色々工夫してあって面白いですね~

氷は、最初のお店<萬里茶房>に比べると、粗い印象でした。
味的には…そうですね…苺シロップとプリンの味が、
いまいち不一致のような気が…(汗汗)

でもでも、アイディアは本当に面白くて、楽しめましたよ!


今回は2店のものしか頂きませんでしたが、
思っていたよりずっと良かったです、雪くま。

これは、是非是非に来年はもっと色々なお店の雪くまを試してみたい!



さて、青春18きっぷ・高崎前橋パン屋さん巡り。
これにて完了です。
途中、記事が中断してしまったので、な…長かった…

それにしても、本当に高崎・前橋のパン屋さんは
素敵なお店ばかりでして。
更に、行けると思っていなかった「パンプキン」にも行けましたし、
熊谷の「雪くま」までも。

実に満喫・満足な1日でした!
ありがとう18きっぷ、ありがとう高崎前橋!!


青春18きっぷ巡り、次にてやっと最後の巡りとなります。
「シメは此処を!」と、当初から決めていたんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。