日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '10 姫路・明石・神戸めぐり > ボスとヤスの舞台@明石といえば

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.21 Sun ボスとヤスの舞台@明石といえば

姫路から移動し、次に訪れましたのは、明石。
こちら明石も色々ありますが、メインになりましたのは、
コレを見る…というか体感する為?

東経135度・Japanese Standard Time・日本標準時の上に立つこと!

行きましたのは、明石市立天文科学館。
01博物館
科学館の傍らにある、子午線。
02子午線01
02子午線02
大々的かと思いましたら、結構こじんまりでした(汗)
02子午線03

ここには、子午線の他に漏刻(水時計)が設置されていました。
03漏刻01
03漏刻02

科学館近くの、人丸前駅。
07駅子午線01
日本でこの駅だけだそうです、このように子午線が引いてあるのは。
07駅子午線02
07駅子午線03

子午線の上に立つ野望(笑)、無事、目的達成!!
科学館へは明石駅から歩いて向かったのですが、その途中で
「亀の水」なる湧き水を発見。
05亀の水01
05亀の水02
ご近所の方がポリタンクに水を汲んでいました。
良いなぁ~近辺にお住まいの方はスーパーのウォーターサービス要らずですね!

この「亀の水」。
阪神大震災の際、かなり助かった、と後に耳にしました…


天離る 夷の長通ゆ 恋ひ来れば
            明石の門より 大和島見ゆ


「亀の水」の横には「柿ノ本神社」という神社の入り口が。
柿本人麻呂ゆかりの神社のようです。
04柿本神社01
04柿本神社02
てっきり柿本人麻呂に関係のある神社かと思いきや…
柿本人麻呂ファン(笑)が建てた神社だったという。
04柿本神社03
04柿本神社04

山の上にある神社、すごく眺めが良かったです。
神社の横には、日時計もありました。
06水時計01
06水時計01


勿論、食べることも忘れていません(笑)
明石といえば、明石焼!!

最初にチェックしていた駅から少々離れたお店は、
持ち帰りでも、なな何と1時間待ちとな!?

…なので、駅方面に戻り、魚の棚商店街の<とり居>にて明石焼を。
否、地元の人は「明石焼き」ではなく「玉子焼き」と呼ぶそうです。
とり居
店内撮影禁止だった為、スイマセン写真ありませんが、
ふわっふわっの、玉子風味あふれる生地。
だし汁に浸して食べて…おいしかったです。しかも安かった!

明石焼(玉子焼)は関東では珍しいので、
観光地という事もあるかもしれませんが、あっちにもこっちにも
お店がある光景、面白かったです。

もうひとつ、明石といえば、蛸。
夏になれば地元の人は海に行き、気軽に蛸釣りを楽しむそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。