日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '10 滋賀めぐり > 矢橋の舟は早くとも@日牟禮カフェ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.12 Mon 矢橋の舟は早くとも@日牟禮カフェ

滋賀で最初に降り立った草津より琵琶湖線に乗りまして、
駅
次に着きましたのは…近江八幡駅。

この地での目的は、「近江八幡とえいば!」のカフェ(タイトルでバレバレですが(汗))と、
パン屋さんと、ずっと興味のあったお店へ行く為の出発点。


まずは、ローカルのみならず全国展開しているお店のカフェへ行く為、
駅からせっせと歩け~!

今回、移動手段でちょっと困りまして。
電車の1日乗車券、近江鉄道なら有るのですが、肝心のJRは発行しておらず。
バスの方も、回数券はあるものの、乗り放題は各社全滅…(涙)
(確か、セットはあった気がしたのですが)

なので、電車移動は必要最低限、そして歩ける距離は歩け~という
最後の方は「何のトレーニングだ」と自分でツッコミたくなったという(笑)



それはさておき。

ひたすら歩いて目的の場所に着いたのですが、
少々早めに到着してしまったので、敷地内に一緒にある
神社をちょっと見学。

日牟禮八幡宮、です。
八幡宮01
八幡宮02
八幡宮03

祭神は誉田別尊・息長足姫尊・比賣神。

伝承によると、何と131年が始まりだそうです。
八幡宮04
八幡宮05

そんなに大きい神社ではありませんでしたが、長い歴史を感じさせる、
威厳のある佇まい。

雨が降っていなければ、色々見て回りたかったのですが…
神社を見ているうちに程良い時間になったので、お店の方へ行きましょう~


素敵な洋風の建物<クラブハリエ 日牟禮館>に併設されている
shop01_20100711183437.jpg
shop02_20100711183437.jpg


<日牟禮カフェ>へ!
cafe01.jpg
cafe02.jpg

雨の日は、雨具のせいで移動が大変になったり服が濡れたりと
嫌な面が目立ちますが、逆に良い面もありまして。

この日牟禮カフェ、天気の良い休日などは、開店前でも行列になっているらしいのですが、
雨のおかげで、カフェ一番乗り&開店してからも暫しお客さんが来ない状態だったんです。

ゆったり過ごさせて貰いました。
それにしても…本っ当に素敵な、緑に溢れた庭園!
噴水はありますし、置物も可愛いですし。
cafe03.jpg
cafe05.jpg
cafe04.jpg
cafe06.jpg
cafe07.jpg
何でも、月に1回は庭師の人が来て、庭を模様替えするそうです。


季節のパフェやワッフル・ケーキなど、それはそれは魅惑的な
メニューに溢れていたのですが。
cafeメニュー01

最初にこちらに来たら、もうこれしかないでしょうっ(力説)
cafeメニュー02

【焼き立てバームクーヘン】
バウム01
バウム04

ほんわり暖かくて、まさに焼き立て(歓喜)!!
おお~~お皿の上には、生クリームまでもがっっ
バウム03

早速ひとくち食べてみますと…

うわ~~お~~フワッフワ!そして、水分が保たれていて、シットリ。

見事な程フワフワなのですが、それだけではありません。
バームクーヘンの層のおかげか、スルッとにフォークが貫通せず、少しモッチリさも。

回りに薄くコーティングされた砂糖は甘く、砂糖が固まったシャリッとした食感も。
生地はバターの風味に溢れていまして。
バウム02


添えられた生クリームは、甘さ控え目で、とてもフレッシュ。
この生クリームとバームクーヘン、とにかくベストマッチなんですよ!
バウム05
いや~この1皿、ひたすら感動してしまいました。


庭は素敵ですし、そしてバームクーヘンは美味。

最高ですね!


今でも目を閉じれば、あの時の事が鮮明に思い出せます。
頑張って駅から歩いた甲斐、実に有りました。



因みに。
こちらのクラブハリエではパンが焼かれているのですが、
時間が早すぎたせいか、1種も焼き上がっていませんでした(涙)。

それと、近いうちに彦根にパン専門店がオープンするそうでして。

基本的に、ここのハリエで焼かれているパンとは違う
ラインアップになるそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。