日々。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > > '10 鉄道の日きっぷ~松本 > 今度は「鉄道の日」~松本@パン焼き小屋Ecrue(弐)

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.11 Sat 今度は「鉄道の日」~松本@パン焼き小屋Ecrue(弐)

溢れんばかりのパンが勢揃いの<Ecrue(エクリュ)>。
やはり、ボリュームいっぱいに並ぶとワクワクしますね~
そして案の定、選ぶのに悩みまくり(汗)


何とか頑張って選びましたパンたちは、

【なっちゃん】
なっちゃん01
家へ持ち帰るのに我慢できず、思わず途中で頂いてしまいました。

一見、普通のクリームチーズのベーグルサンドに見えたのですが、
ひとくち食べてみると、すごい爽やか。
サワークリームの成せる技?
なっちゃん02
たっぷりのクリームチーズ量なのに、とてもサッパリ清々しいので、
少しも飽きずに一気に食べきってしまいました(汗)


難点は、囓ると圧力でクリームチーズが横からハミ出てしまう事。
この手のサンド、どうやったら上手く食べる事が出来るのでしょうか…


【ライカンパーニュ(1/2)】
カンパ01
ガッシリとした姿、惚れます。
ライ麦40%、りんごジュースを酵母にしているというライ麦パン。
カンパ02
クラストはシッカリと厚みがあり、
クラムは柔らかく、キメ細やかでシットリ。
このギャップ、良いですな~
カンパ03
酸味は無かったものの、味が濃くクセ…と言いますか、個性的でした。
似ている味ですと、Zopfのゴルゴンノアの生地の雰囲気に近いかな、と
感じてしまったり。


【ライチョコ】
カンパホワイトチョコ01
カンパホワイトチョコ02
そんなライ麦に、甘いホワイトチョコとナッツ。
ホワイトチョコの部分に当たりますと、ミルキーで、ぬくもりのある
やわらかい甘さが。
カンパホワイトチョコ03
欲を言わせて貰えば、もっとホワイトチョコの量が欲しかったかも。
生地の味の方が断然勝ってしまっていたので…
カンパホワイトチョコ04
【大地のリュスティック】
リュスじゃが01
ちょっとサイズは小さめなのですが、そのぶん生地はギュッと
詰まっていました。

引き締まっていて、かつモッチリのクラム。
クラスト部分は薄く、クラムとの差はそんなに無かったです。
リュスじゃが02
ひとくち齧ってみますと、チーズの香ばしい風味が!
プラス、ホックリとしているジャガイモ。
この取り合わせ、合わないハズないじゃないですか~


【黒豆リュスティク】
リュス黒豆01
サイズ的には、↑上のリュスティックと同じくらいでした。

が、妙に重いな、と感じたので…
半分に切ってみますと、黒豆がたっくさん!
リュス黒豆02
写真ですと、そんな量でもなさそうに見えるのですが、
実際食べてみますと、本当に黒豆たっぷり。
ひたすら黒豆、時々パンを食べている気分が味わえます(笑)

黒豆好きなら堪らないでしょう~これはっ


【季節のタルト】
タルト01
…冷凍状態で頂きました。
どうも最近、スコーンやタルトは冷凍状態のまま食べてしまう癖が(汗)。

最初に感じたのは、タルト生地のかたい食感。
そして、香ばしさ。

ホントこのタルト生地、香ばしさが高くて美味しい!
そして、上に乗ったブルーベリーは甘酸っぱく。
タルト02
アーモンドクリームは冷えた状態ゆえ、甘さは控えめになってしまいましたが、
それでもリッチな雰囲気を十分感じました。

常温や熱い状態でも美味しそうだな、と思う反面、
この冷凍状態の、かたいザクザクな歯ごたえがクセになっています。


【ゴマベーグル】
ベーグル黒胡麻01
前日焼きということで、ベーグル2個を半額でゲット。

ゴマに溢れていて、生地が黒く色付いています。
記事にもこれまた沢山のゴマが練り込まれていました。

生地からは仄かに甘さが感じられました。
ゴマの味は…う~ん、量に対して少々ゴマの風味が弱い印象です。
ベーグル黒胡麻02
クラストは厚くなく、トーストしても少しパリッとなる程度でした。
クラムはムギュムギュ詰まっていまして、
潰れてもグ~ッと元に戻る弾力というか形状記憶。

なかなか顎を使うかたさで、結構疲れました。
もしかしたらZopfのベーグルよりハードかも?
(Zopfベーグル、久しく食べていないのため記憶がぼんやりなので申し訳なく(汗))


【チーズベーグル】
ベーグルチーズ01
表面にはたっぷりのチーズ。

中は…残念!チーズは入っていませんでした。
ベーグルチーズ02
が、トップのチーズが凄い香ばしいんですよ!
なので、中にチーズが無くても、十分チーズが味わえました。


【フリュイ】
フリュイ01
このルックスからして、Zopfのフリュイ…いえ、クリームチーズ入りなので
「ハーモニッシュ」でしょうか。
フリュイ02
引き締まったパン生地、そして込められている胡桃とフルーツ、クリームチーズ。
も~これがですね、噛むと味がジワ~と口の中に染みてくるんです。
フリュイ03
胡桃のコクとフルーツの爽やかさ、そしてクリームチーズ。
これら具材のハーモニーが最高!
とにかく食べて噛みしめている間、幸せでした…




全体的に、Zopfに比べパンのサイズはひとまわり小さめな感じが。
その代わり、価格の方も少し抑えめでしょうか。

こちらのお店、たくさん並んだパンもですが、特に印象的だったのが
お店のスタッフの方たち。
とても明るくて、こちらまでパッと明るい気分に。

トータルでとても素敵なお店でした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。